真実は

模倣犯を読みました。
長いお話でした。途中でやめたくなるくらい、殺人の山
女性だから書ける残酷さなのかもしれません。
真実はいつも一つと言うことでしょう・・真一君も登場するし?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック